共に歩む、仲間の輪を広げ、この国に、笑顔の輪をつないでいく

より多くのパートナーと、より多くの方々に喜びを届けていく!

1976年に創業した阪神調剤薬局は、現在、全国展開している保険薬局チェーンの中でも、最も長い歴史を持つ会社のひとつです。私たちは医薬分業のパイオニアとして、約40年にわたり、ドクターや看護師をはじめとする医療関係の方々、製薬会社や医薬品卸業の方々、そして、地域の患者さまとのつながりを大切にしながら、全国に保険薬局のネットワークを広げてきました。そんな中、私たちの経営理念やビジョンに賛同し、阪神調剤グループの一員として歩みを共にしてくれる仲間も現れるようになってまいりました。
そして、2012年12月、阪神調剤ホールディング株式会社を設立。より多くのパートナーと共に、より多くの方々に喜んでいただける薬局をめざして、新たなスタートを切りました。

その先にあるのは、業界のリーディングカンパニー!

理念を共有する私たちは、患者様の満足に向かってまい進しております。薬学的知識はもちろんのこと、強い倫理観と高い教養を身に付けた医療人として、より多くの患者様に寄り添い、安心してお薬を飲んでいただいて、笑顔の輪をつないでいく。
そこにまた、新しい仲間が集まって、人とのつながりを加速させていくことで、経営基盤はいっそう強固なものとなっていきます。
その先にあるのは、質、量ともに業界のリーディングカンパニーにふさわしい阪神調剤グループです。それは決して困難な道のりではないと確信しております。

薬剤師やスタッフが、共に成長するための、最高の環境をつくる!

世界に先駆けて超高齢化社会を迎えた日本。社会の変化に伴い、医療や保険調剤の在り方も、変わっていかなくてはなりません。薬剤師やスタッフは、日頃から研鑚に研鑚を重ね、常に自らを成長させて行くことが求められています。高度先進医療を学ぶレジデント制度、日頃の研究成果を発表する社内学会、研修センターの模擬薬局で学ぶ無菌調剤など多様な研修内容で、やりがいを持って働き、共に成長していくための最高の環境を作っていくことが、私の目標です。
また、薬剤師の職能・職域をさらに広げ、その地位を高めることによって、医師や看護師の方々が本来の専門領域に専念できる体制をつくりあげていくことも、私たちの使命だと考えています。医薬分業のパイオニアとして、そして、この国の未来を支える大きな力として、私たちは、これからも挑戦を続けていきます。

阪神調剤ホールディング株式会社 代表取締役社長

岩崎壽毅