2019.01.07
【管理栄養士】龍谷大学との共同研究について

阪神調剤ホールディング株式会社では、管理栄養士が80名以上在籍しており、これまで薬局店舗などで栄養相談会ならびに各種イベント等を開催し、地域住民の皆様の健康に貢献してまいりました。

この度、平成30年11月より、弊社薬局管理栄養士と龍谷大学との共同研究 (農学部食品栄養学科 中村富予教授)を開始致しました。

本研究は、弊社薬局管理栄養士が通所介護施設と連携し、栄養月間の取り組みの一環として、利用者の栄養状態を把握し、その実態を明らかにすることを目的としております。

今後も「薬から食へ」のメッセージを調剤薬局の立場から積極的に発信しつつ、地域の皆様の健康寿命の延伸に一層貢献できるよう、力を注いでまいります。

2019.01.07
【管理栄養士】「外来栄養食事指導」について

阪神調剤ホールディング株式会社では、管理栄養士が80名以上在籍しており、これまで薬局店舗などで栄養相談会ならびに各種イベント等を開催し、地域住民の皆様の健康に貢献してまいりました。

この度、更なる貢献を目指し、地域のかかりつけ医である診療所様からご依頼を受け、ジャパンメディテック社と連携のもと、薬局管理栄養士による「外来栄養食事指導」を スタートする運びとなりました。

その第1号としまして平成30年12月より、大阪府大東市の藤林クリニック様よりご依頼を頂き、 阪神調剤薬局に在籍する薬局管理栄養士による「外来栄養食事指導」をスタートするに至りました。

また平成31年1月より、宮城県大崎市の冨樫クリニック様からのご依頼により、グループ会社の株式会社医薬品情報センターに在籍する薬局管理栄養士による「外来栄養食事指導」をスタートする運びとなっております。

 今後も、調剤薬局に在籍する管理栄養士の職能拡大と、 地域の皆様の健康寿命の延伸に一層貢献できるよう、力を注いでまいります。